弊社は2005年創業から今まで、スーパーコピーブランドの先駆者、日本最高級コピー専門店!

店長: 高桥 织雪    E-mail: topcopyshop@163.com

受付時間: 08:30 ~ 24:00(年中無休)

IWC

当面の位置:ホーム >> 最新情報

2013日本の富豪の最も好きな十大腕時計のブランド

2013日本の富豪の最も好きな十大腕時計のブランド

第1位:パテックフィリップ コピー

     1839年にスイス・ジュネーブで設立。創業当時から「芸術作品」の追求に余念がなく、製品としてのクオリティも常に最高級を指標。ラウンドケースの基礎ともいえる名作「カラトラバ」、「ノーチラス」、「アクアノート」における高級スポーツモデルの開拓、コンプリケーションモデルの製作等、技術の挑戦は現在も引き続き行われています。


第2位:ロレックス

     1905年イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことからロレックスコピー歴史は始まる創業者のハンス・ウイルスドルフは当時まだ懐中時計が主流だった時代に腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった1907年には本格的な時計製造に着手するため早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年にはブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている
第3位:カルティエ

     カルティエは1847年、ルイ・フランソワ・カルティエがパリのモントルゲイユ街のアトリエを譲り受けた時から始まります。1899年、ラ・ベ通り13番地に移転したカルティエは、飛行家「サントス・デュモン」との友情から生まれた「サントス」。スクエアウォッチの代名詞ともいえる「タンク」。モロッコの太守(パシャ)の注文を受けた事にちなみ名付けられた「パシャ」など、様々なスタイルを提案。カルティエコピー時計は伝統と革新の融合をテーマに斬新なイマジネーションと熟練の技術により確固たるスタイルを築いてきました。 
第4位:オメガ

     1848年、創業者ルイ・ブランがスイスの ラ・ショード・フォンに時計工房を構えたのが始まり。大規模な生産設備を擁し、市場をヨーロッパ全土へと拡大。1894年には新型部品を搭載した時計を発表するなど、オメガは目覚しい 発展を遂げ、1900年代初頭に、究極の 時計という自負から、ギリシア語の最終文字「Ω=オメガ」へと変更。オメガコピーはその後、アポロ計画での公式時計採用をはじめとして、深海探査でも耐水圧記録の樹立、オリンピックやアメリカズカップの公式時計の採用など、様々な分野で貢献を続ける。 
第5位:ヴァシュロンコンスタンタン コピー

     1755年、ジャン=マルク・ヴァシュロンがジュネーブに創業、以来一度も時計作りを中断していない現存するメーカーとしては最古の歴史を誇ります。草創期の中心人物となったフランソワ・コンスタンタンの「可能ならばより最善を求めよ。そしてそれは、常に可能である」という言葉を守り続ける大胆な発想力と緻密な技術力は250年以上変わることはありません。薄型のフォーマルウォッチ“パトリモニー”、防水モデル“オーヴァーシーズ”、ブランドアイコンである“マルタ”と、異なった魅力をもちながらもそれぞれがキャビノチェ魂を感じさせる美学と哲学に貫かれ、流行に左右されることのない普遍性をもつモデルの数々を、ぜひご覧ください。
第6位:ピアジェ

     1874年の創業以来、ピアジェが育んできたのはラグジュアリーの真髄。創造への意欲と細部へのこだわりを最優先に考え、時計製造の確かな技術と宝飾の品質が見事に一体化されているのがピアジェの製品です。創業当初は時計のムーブメント設計と製造を専門にしていましたが、1960年代には時計を一貫製造するマニュファクチュールとして、飛躍をとげました?技巧の幅が大きく広がったことにより、画期的な宝飾時計を世に送り出し、やがて革新的なジュエリー·コレクションへと発展します。こうしてピアジェが手にしたのは時代のもつエスプリ。作品は、時計もジュエリーも、確かな技術へのあくなき探求の証。こうした作品を生み出す原動力は、大胆な発想と品質へのこだわり、そして限りなく広がるイマジネーションなのです。
第7位:ジャガー・ルクルト

     時計メーカージャガールクルトは1883年、スイス・ル・サンティエでジャガールクルトによって創立されました。ジャガールクルトの時計で得に有名な時計は1931年に発表されたレベルソ。ポロ競技中でも時計が壊れないように工夫された反転式時計。その反転式時計は現在でもジャガールクルト コピー 時計では代表的な時計シリーズです。

第8位:ブランパン 
     18世紀初頭、ジャン・ジャック・ブランパンはまったく新しい産業である時計製造業の有望性を感じ取ります。開業数年でブランパンの腕時計は大成功を収め、ジャン・ジャック・ブランパンの後継者たちはそのノウハウを継承していきます。1815年、ジャン・ジャックの曾孫男で、当時、同族会社のトップであったフレデリック・ルイ・ブランパンは製造方法を近代化し、伝統的な手作業の工房を量産可能な工業へと変貌させます。シリンダー脱進機をアンクル脱進機に替えることで、フレデリック・ルイは時計製造業界に大きな変革をもたらします。そのノウハウの強みを生かし、ブランパンは19世紀中頃にヴィルレで最も重要な企業となります。

第9位:オーデマピゲ

     ジュール・オーデマとエドワール・ピゲが1875年に創業。 高級腕時計ブランドとして現在まで一切の妥協がない製品を発表。 女性用腕時計のミニッツリピーター搭載モデル等、 他ブランドとは一線を画すモデルの製作を初期から行い、 1972年には高級腕時計で初のステンレススティール素材を ベースとした「ロイヤルオーク」を発表。 他ブランドが後に追随するカテゴリーのパイオニアとなる。

第10位:ショパール

     ショパール コピーが創業したのは1860年。スイス・ソンヴィリエに時計工房を構え、高い技術力で著名になりました。1963年にドイツの宝石商・カール・ショイフレ社の技術を取り入れ、時計と宝石という二つのジャンルに注力を注ぎました。1976年にはダイアル上をダイアモンドが自在に動くというギミックが特徴的な「ハッピーダイヤモンド」が大ブレイク。1988年からはイタリアのヒストリックカーレース「ミッレミリア」のスポンサードを行い、毎年リミテッドモデルをリリースし男性ユーザーの拡充に努めました。1997年には自社ムーブメント「L.U.C」を搭載したモデルをリリースし、マニファクチュール・ブランドとしての歴史をスタートさせています。